院長あいさつ

ホーム > 院長あいさつ

イメージ

このたび奥田喜朗先生の後任として平成28年4月1日付で病院長を拝命いたしました松島聡です。2年前に当院に副院長として赴任して以来、回復期リハビリテーション病棟を中心に診療業務を行ってまいりましたが、今後は院長として済生会明和病院並びに済生会明和グループ全体の運営に携わって参ります。微力ながら、地域の皆様が健康的で幸福な生活が送れますよう尽くしていきたいと思います。何卒宜しくお願い申し上げます。

私は昭和31年生まれで津市出身です。昭和58年三重大学卒業後は、脳神経外科医として県下の病院に勤めた後、三重大学病院で18年間を過ごしました。平成26年4月に当院に赴任してきた当時はまだ新築工事中で、古い外来棟や仮設通路の中で過ごしましたが、同年11月には無事に新築落成式を迎えることができ、現在の新しい病院で快適に仕事をさせていただいております。これも病院工事にご理解ご協力いただいた地域の皆様のおかげと感謝致しております。

幸せ度No. 1の病院・施設へ

さて、就任にあたり「幸せ度No. 1の病院・施設をめざす」ことを目標として掲げました。患者さま・利用者さま、ご家族の皆様、地域の方々が幸せを感じられるような、さらには職員を含めた全ての関係者も幸せを感じるような病院・施設にしたいと願っております。

済生会明和グループは、回復期リハビリテーション病棟180床、一般病棟34床の「明和病院」を軸として、重症心身障害児(者)施設である「なでしこ」、介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)「明和苑」、訪問看護ステーション、居宅介護支援センター、訪問リハビリテーション、通所リハビリテーション(デイケア)、デイサービス等を有し、医療・福祉・介護に関する総合施設です。また、地域の皆様に幅広くご利用いただけますよう外来部門を充実させ、MRI・CT・超音波診断装置・内視鏡など最新医療機器による検査が可能となっております。

当院は全国最大の社会福祉法人「済生会」の一施設として、済生会創生の「救療済生」の理念に基づき、地域の医療・福祉に貢献していくことを病院理念としております。この理念の下、良質な医療や福祉・介護を皆様に提供することが私の使命と考えております。職員とともども精一杯努力する所存でございますので、何卒お力添えをいただきますようお願い申し上げます。

済生会明和病院
院長 松島 聡

© 2016 三重県済生会明和病院
先頭へ